ウェッジを見極めよう

チャートにおいてはその価格の上下の方向性(トレンド)や、支持(サポート)または抵抗(レジスタンス)の位置などを知るためにトレンドラインを用います。
そのトレンドラインを貫通して外側へと価格が進んでいくことをブレイクアウトといいます。
そのブレイクアウトの方向をあらかじめ予想する際に見るべきポイントが「ウェッジ」です。
そのウエッジについて解説していきましょう。

ウェッジは上下のいずれかに価格が大きく動いている際、その動きが停滞している時に見られます。
その停滞の際の波の上下にトレンドラインを引くと、2本のトレンドラインの先端がクロスしたり平行線になることがあります。
この状態をウェッジといいます。

ウェッジには様々なタイプがあり、そのタイプごとにウェッジ上下のトレンドラインのどちらにブレイクアウトしていく可能性が高いのかがわかります。
そのウェッジには基本的に2つのタイプがあります。それが「上昇ウェッジ」と「下降ウェッジ」です。
上昇ウェッジは停滞する上下の波が全体的に上向きで、トレンドラインも2本とも上向きの状態のことをいいます。
逆に、下降ウェッジはトレンドラインが2本とも下向きの状態をいいます。

価格が上昇している際に上昇ウエッジが発生すると、そのウェッジからは下降方向にブレイクアウトする可能性が高くなります。
価格が下降している途中に上昇ウェッジが発生した際には、そのまま下降方向にブレイクアウトする可能性が高いです。
これらはそれぞれ、上昇しようとするも力尽きる感じです。

下降ウェッジの場合は上昇ウェッジの時とは逆で、価格が下降している時に下降ウェッジが発生すると上昇方向へのブレイクアウトの可能性が高くなります。
そして、価格が上昇している時に発生するとそのまま上昇方向にブレイクアウトする可能性があります。

なお、上ラインまたは下ラインが水平線となった時は、傾きのある方のトレンドラインの向きにブレイクアウトする可能性が高くなります。
これはトレンドの継続時のウェッジとなり、価格が上昇している時に片方のトレンドラインが上方向に傾いている時はそのまま上昇する可能性が高くなります。
価格の下降時はその逆で、下方向のラインの傾きならそのまま下方にブレイクアウトする可能性が高いです。

それぞれのウエッジの状態を見極めることでそこからの動きを読むことができます。
これらは波の上下部分でのエントリーの見極めに重要なので、ぜひ憶えておきましょう。
ただ、上記でもあるようにこれらウェッジからの動き予測はあくまでも「可能性」なので、高い可能性の逆を行くこともあります。
ブレイクアウトした後に戻ってくることさえあります。そのため、ウェッジを過信せずに他のテクニカル部分でも根拠を考えるようにしましょう。